西新宿五丁目くるみ歯科医院

予防歯科についてAbout prevention dentistry

なぜ予防が必要か

当院は「健康寿命」を重視しています

健康寿命について、皆様はご存知でしょうか。
健康寿命とは、日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のことを指します。

むし歯がないように歯を維持し続けるのも、この健康寿命に無関係ではありません。
食生活がまともに送れなくなると、体にも様々な弊害が出ます。
近年では歯周病の悪化によって様々な疾患の引き金になることもわかってきました。
五体満足で長生きすることと、歯の健康は切っても切れない大事なものなのです。

 

詰め物や被せ物ではいけない理由

虫歯になっても治療してあればそれでいいだろうと思う方もいらっしゃるかも知れません。
しかし、削って詰め物や被せ物をした時点で歯の寿命は確実に減っています。
気づかないうちに弱ってしまった歯は、普通の歯よりも早い段階で抜けたり折れたりといったことになる傾向があります。ましてや、神経をとってしまったような重度なむし歯ならなおのことです。

結局は、むし歯にならないことが最良なのです。

そのため、私たちは違和感を覚えてから来ていただくのではなく、定期的な診療を勧めております。
何もなければ、歯科でしかできないようなしっかりとした細部のチェックと歯の清掃を行うだけです。
万一、むし歯や歯周病があったとしても、定期的に来ていただいている状態であれば軽度な状態で発見でき、治療の内容も大したものではなくなります。
つまり、歯の寿命を縮めにくい環境ができあがるということです。

将来を見越した歯の健康と生活設計

お子様の永久歯を守るための予防

予防の習慣をつけることは、お子様が将来的に歯を維持するのにとても重要なことです。
歯磨きやケアの意識がないと、「悪くなるまで放置して、歯を削って…」という流れを繰り返すことになります。

また、生えたばかりの永久歯は弱く、虫歯になりやすい状態です。
歯磨きの習慣がないと、せっかく生えてきた永久歯が早速むし歯に…ということにもなりかねません。
子どものうちから歯がボロボロになっていては、その先はもっと大変なことになってしまいます。

そうならないためにも、お子様には歯科医院と親御様から予防の習慣付けをサポートする必要があるのです。
どのように教えたらよいかわからない、歯磨きをする気になってほしいとお悩みの方はぜひご相談ください。

8020運動の推進と現状

「80歳になっても20本の歯を残す」ことを目標にしている8020運動というものがございます。
しかし、現状としては、70歳で13本、80歳で9本ほどしか歯が残っていないと言われています。

これは、日本では長らく予防というものに重きが置かれてこなかったことにあります。
一方で、予防の習慣があるスウェーデンではなんと80歳でも21本の歯が残っているとさえ言われます。
しっかりと予防を意識して生活するだけで、ここまでの差がでるのです。

今からでも決して遅くはありません。
いままでよりも少しだけ、予防に気を使ってみませんか?
むし歯や歯周病の検査はもちろん、画像などを利用したわかりやすい検査結果をお渡し、総合的なカウンセリングも行います。